シェアキッチンとは?

シェアキッチンとは、1つの飲食店や厨房設備等を複数の料理人や店舗でシェアしながら料理を提供できる施設のことをいいます。
空き店舗を有効活用できる点やリスクを抑えてチャレンジできる点からも、次世代の飲食店のビジネススタイルとして注目されています。
本記事では、シェアキッチンの利用を検討している人向けに、業界の動向や、様々な情報を紹介していきます。



シェア業界について

昨今、シェアの概念はあらゆる業界に取り入れられていて「シェア業界」という軸で見ると、数年で2倍近く成長が期待され、これからもどんどん伸びていく業界として注目されています。

2015年から「シェアリングエコノミー」という言葉も定着し始め、モノ、場所などの資産を共有することで、コストを抑えられるのが強みとなります。

身近な例だと、車をシェアする「Times」のカーシェアリング
自転車をシェアする「Docomo」のコミュニティサイクル
オフィスをシェアする「we work」のオフィスシェアリング、
「Air bnb(エアビー)」などの宿泊施設も一気に増え、
シェアという概念が一気にあらゆる業界に浸透してきています。

また美容業界で言えば美容室の面貸しもここ数年で一気に増え、
それに伴い美容師のフリーランス化も進み、働き方も多様化しました。



「シェアキッチン」「クラウドキッチン」「ゴーストレストラン」の違い

「シェアキッチン」とは、1つの飲食店や厨房設備等を複数の料理人や店舗でシェアしながら料理を提供できる施設のことをいいます。
空き店舗を有効活用できる点やリスクを抑えてチャレンジできる点からも、次世代の飲食店のビジネススタイルとして注目されています。

「ゴーストレストラン」は、UberEats、出前館などのデリバリーサービスのみに特化した店舗の事を言います。

「クラウドキッチン」は、デリバリーサービスを提供するゴーストレストランの集合体として運営されている店舗です。
「シェアキッチン」「ゴーストレストラン」「クラウドキッチン」の違いをわかりやすく表したのが上記の図となります。




シェアキッチンのメリット

店内で販売・飲食可能なシェアキッチンは、カフェやレストランなどの飲食店の運営や、お惣菜屋やお菓子店・ベーカリーなどの製造場所として使用することができます。

シェアキッチンでは、1つの店舗を複数の出店者で共有する事で、飲食店舗開業時にかかる膨大な初期費用を下げることが可能です。

1つの場所をみんなでシェアする事で、初期費用、設備投資、固定費、ランニングコスト等の運営にかかる費用を抑えることが可能です。

また、ひとつのコミュニティとして飲食店同士の輪が広がることも大きな特徴です。

複数の店舗が入居する施設として周知できることで、より魅力的な店舗作りを行い、集客面においてもレバレッジをかけていける可能性もあります。